DTAL(旧RCEAL)留学記録

2010年1月から2014年半ばまで在学していたケンブリッジ大学理論・応用言語学科でPhDを取得するまでの記録です。

PhDの学位取得が決定しました

標題の通りです。博士論文周りは一ヶ月半ほど動きがありませんでしたが、修正が認められたので製本したものを提出してくれとの連絡を3月3日に受けました。翌日(4日)に製本を依頼し、香港から帰英後の11日にそれを受け取り、即日ケンブリッジ大学に送付、13日にPhDの学位取得が決定したとの連絡を、14日に受けました。


11月に審査(viva)に通り、余程のことがない限り大丈夫だとは思っていましたが、実際にこうして大学から連絡を頂き安心しました。学位授与自体は年に複数回ある修了式で行われますが、今後数年内でいつ修了式に出席しても良いという制度ですので、いつになるか未定です。